たまに耳にする AGEって何!

AGE(終末糖化品)は、一体何のことでしょう。
これまで割と聞き慣れない字でしたが近頃随時耳にします。

糖とタンパク質とが出会い、その際これらが加熱されてできる
「年齢育生もの」の総称のことです。

AGEは、体内に蓄積する結果各種マイナスをもたらすもので、
血管中にたまり続けると、心筋梗塞や脳梗塞を連続したり、
また骨粗しょう症、白内障などなど様々な病態にAGEの片影がある様です。

また「体躯に溜まれば溜まるほど年齢が進む」とも言われてます。

書店に並ぶ「老けたくなければ〜」で始まる標記の読物を
近頃、関心から何冊か読んでみました。
(標記で探すとある程度似たような読物が出てるのが分かります)

さて、AGEについてですが…
身近なところでは、タンパク質の卵や乳房に小麦粉(糖類)を
混ぜたホットケーキが良い都合で、(熱々の)フライパンの上で
薄っすら焼けた「キツネ色つやのトコロ」あの正体こそがAGEだそう。
勿論カステラもね。(とも金字塔美味しいところです)
ひと度一つは食事から取り込んでしまう定型がありました。

それとあまり。先ほどの加熱の中には「体温」も含まれます。
つまり、こういう厄介なものはカラダも生成されてしまう。

あたい印象ですが、45年代を過ぎたレベルから(ターミナルの手順などなどでちょこっと
スプリントした場面などなど)若い頃の筋肉とは違うなと感じてましたが、
こういう「糖毒性」のワードで、納得できた要素もあります。

途中で、AGEを溜めない食べ物についても触れられてます。
(その中には実践することそのもの、酷い条件の商品もありました)

AGEの軽減効果があると注目される夕食の中の「アーモンド」
四六時中25粒を続けて食べると、「最速5か月目線で作用が出始める」
ようです。そうですか…(‾▽‾;)

また読み切ると、ライターによって言いたい事はおのおの違い、
主張される局面が微妙に違っていたり決める。
(糖類の摂リヒューマンについての姿勢が最も異なってましたね)

一方、全てのライターに共通するワードは「食事の時は野菜集団、
食物繊維から先に食べる」でした。
(必ず、これについてはAGEに関してのコメントだけではないですが)

それと加えて「食後半以内のウォーキング」が良いそうです。
走ってしまっては、No…「歩くスピードがベスト」だとか。

まぁ気をつける事で良い結果へと導かれるのならば、実践して
みたいです。とりわけ筋肉の年齢は放ってはならない気がしてます。樹脂製の二重サッシは高いと思ってましたがこちらで頼むと結果的に格安